カテゴリー別アーカイブ: ミャンマー国内旅行

インレー湖観光

インレー湖2日目です。

さすがに夜は寒く毛布にくるまって寝ました。ミャンマーに来て初めての寒さ体験で心地よかったです。

今日のツアーもホテルにボートを手配してもらいました。25USDでニャンシュエで直接交渉するより若干高めですが、ホテル発着なんで安心です。

ボートでは最初に銀細工工房により、加工を見学と言うよりお土産購入。雰囲気的に何か買わないとって気になりましたが、おしゃれなイヤリングがあったのでカミさんにプレゼント。

インデイン遺跡

前日にカック―遺跡に行きましたが、この日は別の秘境遺跡のインデインに。こちらは遺跡がではなくインレー湖南部が外国人には未開放だったとかで、まだまだ秘境のままでした。

インレー湖の湖畔にあるのではなく支流の上流にあるためボートは川上りで40分ぐらいで船着き場に到着。さらに20分ぐらい山道を歩いて、遺跡に到着しました。後で分かりましたが、ボート乗り場から遺跡の中心の寺院までの廊下がありました。

遺跡の感じはカック―に似ているので、時間がなければどちらか1つで十分と思いますが、道中が山道のカック―、川上りのインデインで各々の秘境感が楽しめるのが良かったです。

昼食

遺跡の周辺にはレストランもありますが、ボートの運転手さんの勧めで湖上のレストランに行きました。

インレーレストラン

湖上で食材の運搬や管理が大変なのか、値段が高かったので数品にしましたが、美味しかったです。
湖上のレストランは掘っ立て小屋(湖上の建物はすべて)のような感じで清潔さも近代的な感じもありませんが、風も心地よく素朴な感じで、思った以上にリラックスできました。

昼食

その他の観光

ボートの移動は結構疲れるので、食後は子供たちも疲れたので、早く帰りたいと言い出しましたが、一応、要所はまわれました。
ガイドさんをつけなかったので、観光地の名前など分からず紹介できませんが、写真のような感じで楽しめました。

インレー休憩

南東にある陸地から湖上に2~300m突き出した桟橋。歩いて久しぶりの陸地を踏めますし、通常価格の商店や食堂もあります。

インレー観光

ファウンドーウーパヤー だったか?? 湖上と思わせない広さと作り、敷地の中にはお土産物屋さん街がありました。

インレー市場2

インレー市場

パヤーの側にある市場、野菜が新鮮で賑わいがヤンゴンの街中以上でした。

湖上の風景

インレー湖は日差しが強いですし、朝夕は冷えるのでそれらの対策も必要でしたが、ボートで湖上を散策するだけでも楽しく、景色も良く満足できました。

 

インレー湖ツアー1日目

ミャンマーの旅行は意外に疲れます。特に空港やバスターミナルから観光地が離れていると、移動のタクシーの交渉で高値を要求されたり、嫌な面が見えたりするからです。

今回、ミャンマーでの最後の旅行に子供達もインレー湖に行きたいと言いましたが、最初はそんな理由で乗り気ではありませんでした。そこで、いつものケチケチ旅行はやめて、ホテルに移動とツアーをすべてお願いすることで、面倒な面をお金で解決することにし、インレー湖に行く決心をしました。

インレー湖の場所

インレー湖はミャンマー北部のシャン州にある湖です。

標高は約800m以上で暑季でも涼しい、高原地域にあるので暑季の旅行に最適です。私たちは乾期に行ったので、朝晩は10℃以下になりました。

インレー湖への行き方

インレー湖へはヤンゴンからバスで10時間、国内線で1時間程度で行けますが、バックパッカーの人たちは、バガンやマンダレーからバスで行く人も多いようです。ミャンマーの国内線はヤンゴンからだと、どこに行くにしても100ドルはするので、バスにしたいところですが、今回はラスト旅行なので、飛行機でと奮発しました。

へ―ホー空港
へ―ホー空港

Myanmar Nathional Airlineでヤンゴンを10時に出発し、インレー湖の玄関になるヘーホー空港に11時10分に到着。7-80分のフライトでした。 他にもカンボーザ航空もありましたが、1人100ドル以上と高かったので、大人1人90ドル、子供70ドル程度と安い、ナショナル航空を選びました。

ヘーホ空港は旧日本陸軍が整備し使っていた空港だとか。地方空港としては良いのですが、建物と滑走路の距離が近すぎて国際線化は無理だそうです。

空港からインレー湖まで

インレー湖の拠点の都市はニャンシュエですが、空港からは車で4-50分かかります。値段は2万5千チャットぐらいだそうです。
多くの人はニャンシュエに宿泊しますので、ホテルからインレー湖を観光しますが、我々が宿泊したホテルはインレー湖南部の湖上にあるので、ニャンシュエからさらにボートで移動しなければなりませんでした。

観光ルート

実はインレー湖のボートはニャンシュエからだけではなく、南部のナンパンの船着き場からも乗ることができます。

カック―遺跡行

このため、ニャンシュエには行かず、Aythaya Wine Resort (ワイナリー)とカック遺跡を経由しナンパウーホテルまでのタクシーとボートの手配をお願いしました。

ワイナリー(Aythaya Wine Resort Myanmar)

最近はインレー湖観光にセットにされるワイナリー観光。今回はカック―まで行く強硬スケジュールのため、併設のレストランでワインの試飲しかできませんでした。ブドウ畑が広がっているので、時間があれば散策するのも良いでしょう。

場所はシャン州の州都のタウンジーの西側にありへ―ホー空港から約1時間のところにあります。

ワインの試飲 1人3000チャット
ワインの試飲 1人3000チャット

お酒は好きなのに、ワインの味は美味しいか、そうでないかしか区別できないのですので、味は美味しかったですの一言です。

カック―遺跡

インレー湖周辺にはカック―とインデインの2つの仏塔遺跡があり、各々2000年以降に外国人に開放された秘境にあります。まずはカックー遺跡に行きました。

行き方
観光の拠点のニャンシュエからは車で2時間だそうですが、ワイナリー(Aythaya Wine Resort Myanmar)からは1時間半ぐらいでした。ひたすら峠に上る道路(一応舗装)を走りますが、景色は日本の山里の風景もあり楽しめました。

カックへの田舎道
カックへの田舎道

カック―遺跡は12世紀にアランスィドゥ王が近隣の住民に仏塔を寄進するよう指示し2千以上の仏塔があると言われています。
バガンと違い広大な感じではなく壮観な感じと右端のような風鈴が小さな仏塔についているために、それらが風で一斉に鳴ると神秘的な感じになります。


※入域料は3USDか5000チャットのいずれかを支払います。

パンナンの船着き場

カック―からパンナンの船着き場までは車で約40分程度です。

船着き場
船着き場

船着き場と言っても入江にボートが所狭しと置かれているような場所でした。あとはボートに乗り込み20分ぐらいでホテルに到着。暗くなると危険だと急かされていましたが、夕焼けを見る前に着いてしまいました。とは言え、ボートからの景色もきれいで、風も心地よく、ホテルのオーナーに出迎えていただき、インレー湖のイメージをさらに良くするホテルでした。

ホテルは ウィーバーズ ブティック ホームステイ (weaver’s boutique homestay) で日本人は初めてのお客と言うことで、ちょっと優越感がありました。

ホテルの生活

水上で高級ホテルじゃないのは珍しい気がします。そういう場合心配なのがファシリティーと食事です。ファシリティーは他と比べていないので分かりませんが、部屋も広くベッドはキングサイズとシングルの2台のツイン。しかも12歳までの子供は添い寝も朝食も無料と言うのが気が利いていました。結構、添寝でもめることがあるので、ホテルの案内に明記されているのがありがたかったです。

水は当然ですがポンプで湖から汲み上げて使いますので断水はありません。停電は2泊3日で1度しましたが、たぶんミャンマー平均。

食事は夕食は湖でとれた魚が1匹5000チャットぐらいでタミンジョーやカウェスェは3-4000チャットで味も良かったです。シャン地方なのでシャン料理を期待しましたが、朝食でシャンカウェスェが1回でたぐらいなので、シャン料理はメインになっていない様でした。

朝食はタミンジョー(チャーハン)も選べますがコンチネンタルブレックファストも選べました。

夕食

乾季の夜は気温一桁台になるので、分厚い毛布にくるまって寝ました。

バガンへGo4(復路)

バガンは列車泊、現地2泊で結構時間があると思いましたが、ゆっくり行動すると消化不良になってしまいました。
家族4人+79歳の爺さん一緒では致し方ありません。雨季の終わりでも十分暑いですし。

復路は飛行機

往路は果敢に列車で来ましたが、帰りも列車と言う意見は家族にあっさり却下され、高速バスにとも思いましたが、夜行バスはJICAに禁止されていることもあり、贅沢にも飛行機を使うことにしました。シニアボランティア身分の悲しいところです。
まあ、それは良いとして、飛行機は聞くところによると片道120ドルとLCCで海外旅行に行くより高いと言われていますが、一応ミャンマー国内線にもLCCがあり70ドルのフライトを見つけました。

ゴールデンミャンマー http://www.gmairlines.com/ です。

インターネットでも予約できる優れものです・・
しかしバガンからヤンゴンを予約しようとし、出発地をいくら探してもBaganが見つかりませんので困りましたが、Nyang Ooでした。ヤンゴンまでは朝と夕方17時40分の2本あり、1時間40分のフライト。5人で約330ドルだったので一人60ドル台でした。

しかし帰る日の朝、念のために見たチケットに

16. Passenger will have to make the reconfirmation your bookings to our phone number (+95 9977993000~4) one day ahead.

の一文が。血の気が引くとはこのことです。
そこから初めてGoldeMyanmarを調べたら、無断遅延は当たり前、チェックイン後でも連絡なし。運休もあり空港に行って初めて知ったなど、悪評ばかり。日系の旅行会社は、会社の信頼が落ちるため、利用をやめたっていうのを見て、不安が最高潮に。電話をするも通じず、さらに焦りましたが、結局当日の昼前に電話が通じ、リコンファームは当日でしたけど問題なくできました。

16時40分に空港に着き、何もない暑い空港で時間をつぶすのも大変でしたが、17時40分に搭乗と思いきや、こちらに来る飛行機が18時に着くという。結局30分遅れで搭乗し一瞬のうちに離陸。

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420

プロペラ機で心配もありましたが、以前ネピドー出張で乗ったカンボザ航空のサービスは全く変わりなく、機内もきれいで、朝の不安は何だったんだろうって感じでした。

座席間も狭くないですし、機内軽食も美味しく、コーヒーはお替わりしたら、その後気遣って何度もお替わりいるか聞きに来てくれました。

ミャンマーなんで他の航空会社も地上の処理はイマイチなので、そこを気にしなければGoldenMyanmarお勧めです。

バガンへGo3(観光)

バガンは広くてさらに少し離れたオールドバガン、ニューバガンとニャウンウーの3箇所に分かれ40㎢にもなるので、観光はレンタルサイクルか貸切タクシーか馬車になります。

余談ですがミャンマーでは乗り合い観光ツアーというのはほとんど見かけません。バガンに限らずタクシーチャーターというのが一般的な不思議な国でもあります。

馬車での散策
Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420

さて、我々小学生の子供2名と来緬したお爺ちゃん1人を含む5人は馬車を選びました。何人乗れるのかわかりませんでしたが、5人でも1台でOKということで馬車にできました。やはり、歴史的な雰囲気が漂う街では文明から離れるほうが味が出ます。とはいえ、手配はホテルにお願いしました。1台で1日2万チャットです。見たいバゴダなどはっきりしていないズボラな我々は、運転手(っていうのか?)のお任せで回ることにしました。

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420

馬車だと狭い道路にも入られ、こういった小さなパゴダの隙間を縫って回れるのも良いです。

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420

ここは最初に行ったバゴダですが、棟の上に上れるためバガンを見渡せます。
グータラなので、超有名なところしか名前はわかりません(笑)

イラワジ川(エヤワディ川)遊覧

運転手さんは、要所要所でオプションを紹介してくれます。不思議と商売っ気は感じなかったので不快感はありませんでした。これはミャンマー人の良いところかも知れませんと言いつつ、遊覧船貸し切りの値段がガイドブックの1.5倍だったのはご愛嬌と言うしかありません。値段は1時間3万チャットと言われましたが、2万チャットまで下がりました。
乗ってからサンセットクルーズにすれば良ったと後悔しましたが、真昼の40度近い中馬車で回るよりかは涼しくて気持ちよかったです。

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420

船は日本の小さな漁船ぐらいですが、貸し切りなのでのんびりできます。場所はオールドバガンのエヤワディ川沿いにあるプーパヤーの側から出航します。

馬車で周るのも良いですが、川から見るパゴダも乙なものでした。

パゴダ(パヤー)

馬車ではバゴダは10か所近く行ってもらいましたが、名前など忘れてしまいましたので、覚えているパゴダの写真だけアップします。

アーナンダパヤ

残念ながら、2か月前の地震の影響で、一部修復中でしたが、正方形のバランスのとれた、建屋と各々4か所の入口にある金色に輝く仏像は健在でした。壁には数百の穴に入った仏像も神秘的な感じでした。

シュエズィーゴォンパヤー

娘の学校のミャンマーのれ歴史の授業で最初に出てきたので、娘は絶対に行きたいって言ってました。
名前からシェダゴンパヤーに間違えてしまいそうですが、バガンで最も有名なパヤーです。こちらも修復中だったので、黄金に輝くドームは見れませんでした。

ダマヤンジーパヤー

バガンの象徴の一つであり、重厚な土のブロックを積まれて作られ未だに完成していないパヤーです。

bagan1

 

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420
バガンの夕焼け

バガンは広大なエリアにパヤーが点在するのが良いのですが、最もその良さを引き立てるのが朝焼けと夕焼けです。子供とお爺さん連れなので朝焼けは見に行けませんでしたが、夕焼けはエヤワディ川に沈む夕日とパヤーの上からの夕日を拝めました。雨季でも雨が降らないバガンですが、夕日が沈む場所に雲があったので、最高の夕焼けにならなかったのは、雨季が明けきってなかったからでしょうか・・
それでも、パヤーとオレンジ色に輝く夕焼けと1番星がはっきり見える空は最高でした。

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420
その他ギャラリー

バガンへGo4(復路)  へ 飛行機での帰り方も分かります

バガンへGo2(駅からニューバガン)

列車駅から中心まで

列車で揺られて約20時間でバガンに着きましたが、バガン駅はニュアンウーの外れにつき、バガンの主要3地域(オールドバガン、ニューバガン、ニャンウー)のいずれに行くにも10km以上離れています。タクシーで行くしかありませんが、列車自体がマイナーなためタクシーも足元を見てきます。
最初言われた額は1万5千チャット。寝台車20時間分とほぼ同じです。しかし、交渉しても下がる気配がないし、ガイドブックにも1万2千チャットぐらいと書かれていましたので、1万チャットで手をうちました。最終日に3時間の観光+空港まで併せたタクシーチャーターで2万チャットだったので、複数人で行くなら、あらかじめホテルかタクシーに直接連絡し、駅までの迎え+半日チャーターで2-3万チャットで予約しておくことをお勧めします。
タクシーに乗れば道路も空いていてニューバガンのホテルま約20分。ヤンゴンのタクシーになれると、これで1万チャットってあきれてしまうくらいですが、観光地なんで割り切りました。

観光ページへ

バガンへGO

カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボルブドゥールにならぶ仏教三大遺跡の一つでミャンマーの最も有名な観光地でもあるバガンに、来緬後10か月で初めて行きました。
バガンはヤンゴンから500km北にあるエヤワディ川(英名イラワジ川)の中流域の東岸の平野に西暦1044年にビルマ族による史上初の統一王朝が築かれた地域です。緑の木々が点在するものの荒涼とした雰囲気に大小あわせ数千と言われる仏教寺院が林立する光景は壮大の一言です。

bagan1

なお、歴史のことは詳しくないので詳細はこちら(外部サイトWikipedia)参照してください。

ヤンゴンからバガンに行く方法は3つあり、飛行機で航空会社により60USDから120USDぐらいで1時間半、バスで15000チャットぐらいで10時間、そして列車でクラスにより4000-16500チャットで公式17時間です。

記憶に残る旅がウチの旅行のポリシーなので、もちろん選んだのは列車です。

ミャンマー 長距離列車の乗り方

車窓から

ミャンマー 長距離列車の乗り方

ミャンマーの列車は線路も列車も古く、ガイドブックや現地の人にまでも、お勧めしない!って見捨てられていますが、一応、全国各地に行くことができるようです。

では、どのように切符を買って乗るのか、疑問点も多いのに、ガイドブックも見放しているので、その方法が記載されていません。まあ、駅に行って切符を買って乗れば良いと思っていましたが、予約に関してはそう問屋は卸さないのがミャンマーでした。

バガン行きの長距離列車(切符の買い方は他も同じ)

当日の切符はヤンゴン中央駅の正面入り口にあるけん券売所で買えるようですが、前日以前に買う場合は中央駅の駅舎とは別の場所で予約する必要があります。
寝台車のような座席数が少ないものは前日以前に予約していないと不安ですが3日前から発売開始です。

場所はスーレーパゴダの200mほど北にあるサクラタワーの道路を挟んだ北側にBooking Centerがあります。お休みはないようですが朝7時から午後3時まで営業なので夕方しか行けない方は要注意です。

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420

門を入ってすぐにローカルの食堂があるので、一見切符を売る場所には見えませんが、少し奥に入ると、それらしき雰囲気が出てきます。ただ、人はほとんどいませんでした。
切符は当日(これははっきり聞けませんでした)と前日、前々日は入って右側、3日前は左側で行先によって窓口が分けられています。3日前にバガン行きの切符を買うには、門を入って左側に向かい、12番窓口に行けば買えました。 ただ、すべてミャンマー語なので、結構厳しいかもしれません。

実は門の前に英語で話しかけてくるおっちゃんがいて、たぶん手数料を払えば、代わりに手続きしてくれそうな感じでした。

切符は手書きで、パスポート番号が(コピーで大丈夫)が必要です。

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420
クラスについて

長距離列車には普通車(Ordinary Class)、二等車(Second Class)、ファーストクラス(Upper Class)、そして行き先によっては寝台車(Sleeper Class)があります。

普通車は木かプラスチックのシートで、おそらく拷問レベルかと思われます。二等車になると、日本の特急の普通車レベルのシートになり、ファーストクラスになると、近鉄特急アーバンライナーの一等車のような3列シートになり、リクライニングも130度ぐらいにできるようになります。(写真がなく申し訳ありません)
しかし、あくまでもシートの幅や素材だけの話であり、シートのクリーニングはいつしたのかわからないレベルなので、かなり埃がたまっているようです。
寝台車は4人用のコンパートメントで1車両に3部屋しかなく、各々独立した造りで、しかもコンパートメントにはトイレまでついています。

車窓から

 

 

保護中: ヤンゴンーバガン間の寝台クラス

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

ヤンゴンーバガン間車窓から

 車窓から

ヤンゴン発バガン行きの特急は1日1本だけでておりヤンゴンを16時に出発し、バガンに9時に着く予定です。4番線から発車しますが、15時30分ごろには荷物を多く持った人がホームでだらだらし始めます。

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420

出発時間には正確と言われていますが、牽引車が入ってきたのは16時を過ぎたころで、客車が入線したのはその15分後で、結局30分ぐらい遅れて出発しました。

出発後は環状線のインセン方面に進み、そのあとは環状線を離れて草原の中を走ります。夕焼けまでは飽きずに見ていましたが、揺れるし、飽きるし虫は入ってくるしで、結局夕焼け後は暑苦しくても窓を閉めました。ただ、夕焼けは綺麗で、旅の思い出になる光景でした。

窓に網戸がついているか、段階的に開けれればよかったのですが、開けるか閉めるかの二者択一のため窓を閉めた寝苦しい夜が明けると、今度は風が入り放題ですが、さわやかなコンパートメントになります。誰一人ゆっくり寝たい家族はいなかったため夕焼けの続きののような朝焼けを家族で拝めました。
ここから、予定ではあと3時間で9時にバガンに着くはずですが、結局1時間半遅れの10時半近くにバガンに到着しました。
列車はバガンに近づくと、牛や豚の放牧の光景や冷えあがった川など、それなりにアジアの列車の旅っぽくなりますので、少々の遅れならいいのですが、さすがに1時間半余計に揺られるのはきつかったです。

切符の買い方

寝台車詳細