ミャンマーでのインターネット利用について

ヤンゴンに住む場合は、インターネットの契約をどうするかが悩みどころです。もちろん、日本のようにデータ通信(光、ADSL、WiMaxなど)の契約もありますが、手続きが大変だとか導入までに1か月くらいかかる、という話もありますし、定額制にすると安くてもUS100ドルくらいします。

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420

このため、便利なのがスマートフォンのテザリング(こちらではHOTSPOT)です。

テザリングについて

テザリングとは、そのスマホがルータになる機能です。
使い方は、アンドロイドのSettingメニューの中にTetheringやHOTSPOTの設定画面(機種によって若干違います)があります。その中でパスワードを設定(機種によっては勝手に設定されている)し、スウィッチをONにすれば、つなぎたいPCや家族のスマフォなどをWifiにつなげる方法(ネットワークの名前を選んでパスワードを入力)で、つなげられます。
接続料についてはHOTSPOT設定したネットに接続しているスマフォのプリペイド分かデータプランから引かれるだけですので、日本のように他にかかりません。
(料金については下記参照)

なお、HOTSPOTは鍋とは関係ありません。

データプランについて

また、安い(MPTの場合ですが、データパックを使わなくても1MB、6チャット)のでデーター通信料金を気にせず使っている人もいると思いますが、ちゃんとデータプランもありますので、こちらを使うほうがお得な場合があります。
http://www.mpt.com.mm/en/product-services/mobile/swe-thahar/

◎telenorのデータプラン

1、2、5GBプランがあるようです。ボーナスがついて、各々2倍分使えるようです。有効期間は1か月。

https://www.telenor.com.mm/page/smart-internet/173

プランはお店にいくのではなく、必要額までTOPUPした後、ショートメッセージで指定された番号を宛先(500)にし、メッセージの内容はsmart1gbなどを入力して送るだけですぐにつかえ始めます。

◎MPTのデータプラン

http://www.mpt.com.mm/en/product-services/mobile/internet-packages/

こちらは400MB、1、2、5GBプランがあるようです。ボーナスがついて、各々2倍分使えるようです。有効期間は1か月。

料金はー400MB+400MB 2800チャット、
1GB+1GB  6500チャット、
2GB+2GB 12000チャット、
5GB+5GGB 25000チャット

データプランの申請方法は、利用料金以上をTOPUPしておき、ショートメールの宛先(通常は相手の電話番号)に1332を入れ、内容に半角で各データ量(ボーナスはのぞいて)だけを入力して送信するだけです。
宛先1332 内容400MB などです。

ちなみに同量をプランを使わないデータ通信料は1MB 6チャットですから、超高画質で写真を撮ると5ー7MBぐらいになりますので、単純にそのまま送ったと考えると、40チャットぐらいです。
そんなに高くないと思いますから、データプランを使わない方が、有効期間内で使いきれない分を考えますと、良い場合もあります。

PC利用の注意

ただ、テザリングでそのスマートフォンと他のPCなどをWifiでつなげる場合は気をつけないといけません。

PCでホームページを閲覧すると、そのホームページはスマートフォン用の様に小サイズで作られていないため、閲覧するだけでも結構データを使います。また、PCに入っているソフトが頻繁に勝手にインターネットに繋げデータをダウンロードすることも多々あります。
これは、PCに入っているソフト(電気屋で買ったPCにはいっぱい入ってます)によりますので、場合によってはあまり使った記憶がないのに100MBぐらいPCを起動しただけで使われてしまうこともあります。

安い国際電話

あと、ついでに調べてみました。日本への電話1分200チャットですね。日本の国内の長距離電話より安いみたいです。
国際電話
http://www.mpt.com.mm/en/product-services/mobile/calling-overseas/

かけ方は、00+0抜き市外局番or携帯の頭3桁+電話番号です。

SIMロック解除についてはこちらへ