キルギス山岳ドライブ

絶景のドライブ

ホテルから10分ぐらいでナルインの街を抜けて、景色が山岳と草原がまざったようになった。ナルインの街からもきれいな山々が見られたが、それに草原が加わるとイメージしていた中央アジアの広大な景色が出現した感じだ。

DSC_0133

危険なドライブ

その後も絶景は続いたが、実はドライバーさんがスピード狂だった。常時120km/hでぶっ飛ばす。更に怖がらせる電話がドライバー経由であった。ホテルの受付の女性から「ソンクル湖は標高が高く雪が積もっているかもしれないので気をつけてください」って俺は気をつけられんやろーって突っ込みたくなったが、そもそも到達できるのか心配になったし、崖から落ちないか心配になった。運転手さんも「That moutain near  Son Col.」って雪山を指さした。

アク・タリンスキ(地図の分岐地点)までは、片側1車線の舗装路が続き、120km/hでもさほど怖さを感じないまで慣れていたが、そこからは、ほぼ未舗装の山岳ルートに変わった。

DSC_0155

走行中の景色は走行の向きのせいなのか、雪山が見えたり、見えなかったりで、いつから雪道に差し掛かるのか予想がつかなかった。上の写真の正面も雪山ではなく乾いた土の山だった。

しばらくすると、山の間に突入し、切り立った崖の間を100km/h近くで抜けて行く、スリリングなルートになった。


そんな切り立った崖ルートを過ぎると、やっと(期待はしていないが)雪道に差し掛かった。ここでは、さすがにスピードを緩めるかと思っていたが、そんなことを気にすることなく、ズルズル滑りながら、山を登って行った。ここで谷に落ちたら、俺たちは発見されるんだろうかと言うぐらい車も走っていないくらい、爽快で恐ろしいドライブになった。

→ ソンクル湖へ

← キルギス初日に 戻る

平成最後のシルクロード紀行(キルギス編)へ戻る